読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングセルフまとめ

eclipseを使ってるので、その超基本的なことのセルフまとめ

 

■スピードアップ

・ショートカット覚える

qiita.com

Ctrl + o でアウトライン、

Ctrl + Shift + r、でリソースを開く

それから、Ctrl+マウスオーバーで「実装を開く」

右クリックから「エクスプローラで開く」

「チーム」→「ヒストリーの表示」で修正点確認

正規表現を覚える

XMLの整形に、「><」→「>\r\n<」

スペースの統一に、「_(半角スペース)+」→「_(半角スペース)」

SQLの作成に「^(先頭文字)」→「DELETE FROM 」「$(終了文字)」→「; 」

抽出結果に対して「$」→「,」、IN(先ほど置き換えた文字列)とかで抽出条件できる

出力結果やCSVファイルで、「\t」→「=」

改行文字「\r\n」

 

■バグを減らす

・コーディング規約、命名規則を守る、統一する

・わかりやすい変数名、メソッド名をつける。(長くなり過ぎないこと)

・英語で名前をつけるのが難しかったら、ヘボン式で命名

・1メソッド1処理

・ネストを深くしない

findBugsとかプラグイン導入

 

■バグの対応方法

qiita.com

qiita.com

ここにもある通り、スタックトレースの上から順に

①〜Exception、

②Caused by〜

を探す。

変数などが期待する値になっているか確認する。

・ブラウザの場合は、F12を押して、デバック画面出す

 

デバッグ

・「ウインドウ」→「ビューの表示」→「表示」

デバック中「str = "hoge";」とか入れて、「選択したテキストを実行」を押すと、変数を書き換えることなどできる。

・「変数」、もしくは、テキスト選択→Ctrl+Shift+i、で変数内容確認

 

■テスト観点

qiita.com

・経験ゼロでもできるプログラミング現場の単体テスト

qiita.com

djUnitとかで、カバレッジ(コード網羅率)80%を目標にテストパターンを作成

・使い方は勉強中。

メソッド名に日本語使えるので、日本語使っていこう

期待値と同じなら成功

 

■その他(個人的な事)

・設計書やクラス、サービスなど大きな単位で、「何をしたい(する)処理」なのか考える

「新しく項目を追加して、登録、修正、確認できるようにしたい」

「テーブルから値を取得して、表示できるようにしたい」など

・テストでは「何を確認したい処理」なのか、軸を考える。

「入力ファイルから、○○テーブルを登録、更新する」

「登録されているデータと、今回入力した値が同じ事の確認したい」eclipseを使ってるので、その超基本的なことのセルフまとめ


■スピードアップ
・ショートカット覚える

qiita.com


Ctrl + o でアウトライン、
Ctrl + Shift + r、でリソースを開く
それから、Ctrl+マウスオーバーで「実装を開く」
右クリックから「エクスプローラで開く」
「チーム」→「ヒストリーの表示」で修正点確認
正規表現を覚える
XMLの整形に、「><」→「>\r\n<」
スペースの統一に、「_(半角スペース)+」→「_(半角スペース)」
SQLの作成に「^(先頭文字)」→「DELETE FROM 」「$(終了文字)」→「; 」
抽出結果に対して「$」→「,」、IN(先ほど置き換えた文字列)とかで抽出条件できる
出力結果やCSVファイルで、「\t」→「=」
改行文字「\r\n」

■バグを減らす
・コーディング規約、命名規則を守る、統一する
・わかりやすい変数名、メソッド名をつける。(長くなり過ぎないこと)
・英語で名前をつけるのが難しかったら、ヘボン式で命名
・1メソッド1処理
・ネストを深くしない
findBugsとかプラグイン導入


■バグの対応方法

qiita.com

qiita.com
ここにもある通り、スタックトレースの上から順に
①〜Exception、
②Caused by〜
を探す。
呼び出し元から、変数などが期待する値になっているか確認する。
・ブラウザの場合は、F12を押して、デバック画面出す

デバッグ
・「ウインドウ」→「ビューの表示」→「表示」
デバック中「str = "hoge";」とか入れて、「選択したテキストを実行」を押すと、変数を書き換えることなどできる。
・「変数」、もしくは、テキスト選択→Ctrl+Shift+i、で変数内容確認

■テスト観点

qiita.com

・経験ゼロでもできるプログラミング現場の単体テスト

qiita.com



djUnitとかで、カバレッジ(コード網羅率)80%を目標にテストパターンを作成
・使い方は勉強中。
メソッド名に日本語使えるので、日本語使っていこう
期待値と同じなら成功

■その他(個人的な事)
・設計書やクラス、サービスなど大きな単位で、「何をしたい(する)処理」なのか考える
「新しく項目を追加して、登録、修正、確認できるようにしたい」
「テーブルから値を取得して、表示できるようにしたい」など
・テストでは「何を確認したい処理」なのか、軸を考える。
「入力ファイルから、○○テーブルを登録、更新する」
「登録されているデータと、今回入力した値が同じ事の確認したい」など
・設計書に色々書かれてて難しいけど、まずは関係ない箇所を切り捨てて考える。
 色をつけて強調するとか、吹き出しで注釈、コメントを入れるとか

linuxのコマンド覚える。

 

 

見返してみたら、ただのQiitaまとめサイトのようなことになっている。

けど、見返したとき、便利になればいいかな。